Accueil ニュース メシアン音楽祭の音楽監督にブリュノ・メシナ氏

メシアン音楽祭の音楽監督にブリュノ・メシナ氏

par Victoria Okada

(2018年8月に仏サイトに投稿した記事の和訳ダイジェスト版です)

ベルリオーズ没後150周年の公式行事の音楽監督に任命されたばかりのブリュノ・メシナ氏が、来年よりメシアン音楽祭の音楽監督をつとめることが発表された。

メシアン音楽祭は、メシアンの音楽をこよなく愛するガエタン・ピュオー Gaëtan Puaud 氏が1998年に4つのコンサートで始まった。ビュオー氏は音楽畑の人物ではなく、メシアンの音楽への強い思い入れから音楽祭を創設。現在ではフランスおよびヨーロッパでも有数の音楽祭となっている。フランスアルプスの名峰、メイジュ岳を臨む雄大な環境のもと、毎年7月末から8月初めにかけて9日間の日程で開催。1948年生まれのピュオー氏は音楽祭20周年の今年で退任し、最終日の8月6日、フランスソワーズ・ニッセン文化大臣臨席のもと、後任にブリュノ・メシナ Bruno Messina 氏を任命したと発表した。

Print Friendly, PDF & Email

Articles liés

Laisser un commentaire

CAPTCHA


Ce site web utilise des cookies pour améliorer votre expérience. En poursuivant votre navigation sur le site, vous acceptez les cookies. Accepter