Accueil 仏・欧州音楽事情 パリ シャトレ劇場がヘンデルの『メサイア』を中止

パリ シャトレ劇場がヘンデルの『メサイア』を中止

par Victoria Okada

パリのシャトレ劇場は、1月4日のプレスリリースで、19日から29日まで演出付きで上演が予定されていたヘンデルの『メサイア』を中止すると発表しました。

プレスリリースによると、「(昨今のウィルス感染に伴う)衛生状況を鑑み、予防処置を兼ねて、当初19日から29日まで予定されていた『メサイア』の公演を中止する」ということです。

 

Annulé (中止)の赤文字が記されたシャトレ劇場のオフィシャルサイト © オフィシャルサイトのキャプチャ

 

理由として、3幕の演出では、歌手、合唱団、ダンサー、エキストラなど舞台上の出演者は100人以上にのぼり、舞台裏にも100人ほどを要するほか、リヨン国立歌劇場オーケストラと国外から招聘している歌手や、パリ地方各地から集まるアーティスト、および観客の安全を確保・維持することが非常に難しいと判断したため、ということです。

リヨン国立歌劇場とイングリッシュ・ナショナル・オペラの共同制作の『メサイア』は、デボラ・ワーナーの演出、ステファノ・モンタナーリ指揮リヨン国立歌劇場オーケストラ、同合唱団、同少年少女合唱団の演奏で、6公演を上演予定でした。この演出は、舞台を舞台を1970年代のイギリスに置き換えたもので、2009年にイングリッシュ・ナショナル・オペラで初演され、2012年と2021年にリヨン国立歌劇場で再演されていました。

シャトレ劇場での他の公演は予定通り行うのことです。その中には、22日の、クリストフ・ルセ率いるレ・タラン・リリックの30周年記念コンサートもあります。

Print Friendly, PDF & Email

Articles liés

Laisser un commentaire

Ce site web utilise des cookies pour améliorer votre expérience. En poursuivant votre navigation sur le site, vous acceptez les cookies. Accepter