Accueil ニュース ベルリオーズ没後150周年記念行事の芸術監督にブリュノ・メシナ氏が任命

ベルリオーズ没後150周年記念行事の芸術監督にブリュノ・メシナ氏が任命

par Victoria Okada

来年はベルリオーズ没後150周年。
7月20日付けの文化省のプレスリリースにて、フランスワーズ・ニッセン文化大臣は、公式記念行事の芸術監督に、現在ベルリーズ音楽祭の芸術監督であるブリュノ・メシナ Bruno Messina を任命したと伝えた。

メシナ氏は1971年ニース生まれ。パリ国立高等音楽院で学んだ後、ジャズ、ジャワ島のガムラン、民族音楽学を学んだ。2004年から2008年までパリ西郊ナンテール市のメゾン・ド・ラ・ミュジックの音楽監督。2009年からは、ベルリオーズの生誕地であるコート・サン・タンドレで開催されているベルリオーズ音楽祭の音楽監督を務めている。

今年のベルリオーズ音楽祭は8月18日から9月2日まで。詳細はこちら(英語 仏語

 

 

Print Friendly, PDF & Email

Articles liés

1 commentaire

ベルリオーズ没後150年祭 公式に始動 | Vivace Cantabile 2018-08-22 - 12:21

[…] 音楽祭の芸術監督ブリュノ・メシナ氏 Bruno Messina は昨7月、同記念祭の綜合芸術監督に任命されたばかり。 […]

Répondre

Laisser un commentaire

CAPTCHA


Ce site web utilise des cookies pour améliorer votre expérience. En poursuivant votre navigation sur le site, vous acceptez les cookies. Accepter