Accueil 仏・欧州音楽事情 コメディ・フランセーズが1月はじめまで公演を中止

コメディ・フランセーズが1月はじめまで公演を中止

par Victoria Okada

出演者・公演関係者の中に新型コロナウィルスへの感染者が相次ぎ、至る所で多くの公演が中止に追い込まれている中、本日12月27日、コメディ・フランセーズも、1月初めまで現在上演中の全演目を中止することを発表しました。

中止の予定は次の通り(中止は表示の日付も含む)。

リシュリュー劇場(コメディ・フランセーズ劇場)
チェーコフ原作『桜の園』、ドストエフスキー原作『悪霊』、イングマール・ベルイマン監督映画原作『ファニーとアレクサンデル』、2022年1月1日まで
創作ミュージカル『Mais quelle Comédie ! (なんというコメディ!)』2022年1月3日まで

ステュディオ劇場(ルーヴル美術館に隣接する小劇場)
ジャン=リュック・ラガルス作『ミュージックホール』2022年1月2日まで

ヴィュー・コロンビエ劇場(パリ7区)
エクトル・マロ原作『家なき子』2022年1月1日まで

詳細は公式サイトにて。

 

Print Friendly, PDF & Email

Articles liés

Laisser un commentaire

Ce site web utilise des cookies pour améliorer votre expérience. En poursuivant votre navigation sur le site, vous acceptez les cookies. Accepter